和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


春日神社(松江)

春日神社(松江) かすがじんじゃ

  • 閏野 浩志
  • 〒640-8423
    和歌山市松江中3丁目1番23号
  • 073-455-0077
  • (主祭神)武甕槌命 経津主命 天児屋根命 (配祀神)須佐乃男命 櫛稲田姫命 豊玉姫命 事代主命 蛭子命 塞神 藤原戒蔵霊

妙見宮 恵美須宮

10月15日(秋季例祭)

本殿(木造銅板一文字葺流造 39,82屐 拝殿(木造瓦葺 20,28屐 妙見宮(木造瓦葺 7,45屐 恵美須宮(木造瓦葺 7,45屐 社務所(木造瓦葺 52,89屐 手水舎(木造瓦葺 4,32屐 参集殿(鉄骨木造瓦葺 115,75屐

4,821.30

和歌山市松江地区全域

当神社は元弘(1331年)の役の兵火に遭い、本殿は焼失し、社伝、旧記類ことごとく烏有に返して創建当時の御由緒を詳らかす由もないが、当松江の地形が、雲州の松江に酷似していることから、上古 大伴の臣等が出雲の大神を勧請して、現在の社頭から、東南へ100余mの湖水の中、小島の松林のなかに御鎮座して、代々、この村の産土神として崇敬してきた。
当時の御祭神は、須佐乃男命・櫛稲田姫命・豊玉姫命の三神で、南海神社・南海水底神社・池明神・池宮神社などと称されていた。
ところが冒頭に記した兵火に焼かれた本殿は、再建する人もなく空しく歳月が流れた。
たまたま大塔宮護良親王の部将、藤原高隆が吉野没落の後、一族を率いてこの地に落ち、名を藤原戒蔵と改め閑居していた。
当時、松江は蒼海に臨み、度重なる津波に襲われ、また紀ノ川の洪水にも遭い民家の没すること屡々であった。
その後、幾度の水害を受けたので、慶長8寅(1603)年正月、現在の社頭へ遷座された。
また、漁業する者、農業する者の嘆きは、目に余るものがあった。
戒蔵はこの様子を目のあたりにして、南海神社 復興を企図し正平5(1350)年 室町時代巳正月・己が祖神・南都の春日大社の神霊を勧請して、もとの三神と合祀して春日神社と改称し今日に至っている。
戒蔵なき後、村民は彼の業績をたたえ崇めてその霊を合祀した。
御本殿は、明治42年6月に遷座され、昭和9年室戸台風で崩壊し、昭和14年10月15日に遷座されたが、その後、年月の流れにより、老朽化が進み平成16年より65年ぶりに、平成の大御造営の運びとなり、平成17年1月27日に遷座された。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.