和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


府守神社

府守神社 ふもりじんじゃ

  • 土屋 裕道
  • 〒649-6338
    和歌山市府中1089番地
  • 073-461-6494
  • 倭武命

午神社

10月5日

本殿(木造瓦葺流造 14,44屐 拝殿(木造瓦葺流造 33,52屐 神饌所(木造瓦葺 3,92屐 祭器庫(木造瓦葺 11,47屐 午神社(木造亜鉛鉄板葺 1,86屐 手水舎(木造亜鉛鉄板葺 1屐

6.754

和歌山市府中

貞観17(875)年、此の地におかれた紀伊國國府の鬼門の守護神として鎮座、中古白鳥の宮とも聖天宮とも称した。
明治以後旧名の府守神社に復したが、拝殿正面には聖天宮と記されている。
明治10年6月22日村社に列す。
『紀伊続風土記』(巻之九・直川荘府中村)に依れば、「村中平林といふ所の東にあり 按するに本國神名帳に從四位上府守の神あり 三代實録に貞觀十七年奉授 紀伊ノ國從五位下府中ノ神ニ從五位上ヲ とあり 府守ノ神府中ノ神は一にして國府を守り給ふ 神と聞ゆれは當社若くは此神にやあらん 三代實録石見ノ國に府中ノ神あり天慶七年筑後諸神記に郡主神といふあり 社地古く廣大にして處の氏神と崇むるは此故ならん 中古浮屠氏盛にして聖天なといふ名を設けて佛に引入れたるなるへし 又觀喜天の祭禮といふ事を聞さるに此神には祭禮ありて六月廿八日九月五日古より定り來りたる由なれは決して府守ノ神にして聖天にはあらさるへし當社の西に天王森といふ」とあり。
また大正15年5月海草郡役所発行による『海草郡誌』には、「紀伊村大字府中字森脇に鎮座す 本國神名帳に從四位上府守神、三代實録に紀伊國從五位下府中神等とありて、府守神、府中神は同一で倭武命を祀る 國府の地であった為府守の神或は府中神と唱へ奉ってゐたのを、中世佛徒の妄説に依って聖天宮と改稱した それを維新後舊號に復して府守神社といふに至ったのである 明治十年村社となる」とある。
近年當地方の開発が急速に進み行く中、将来に向けますます紀伊國國府の所在地の解明が困難になるであろうが未知なる遺跡探究のため、和歌山市が當府守神社の境内に昭和63年に再建した「紀伊國府跡」と題する標柱に記した一文を終りに紹介しておく。
「ここは昔の名草郡直川荘のうちで府中の名は國府の所在地を語るものである 國庁の跡は、こんにちどこともわからなくなっているが、集落の東北に府守神社(府中神社)があり、付近の田井の北村には総社明神もあったよしで、この地が國府の所在地であったことを告げている」

写真情報

府守神社 ふもりじんじゃ 府守神社 ふもりじんじゃ 府守神社 ふもりじんじゃ
府守神社社務所 石碑 餅まき

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.