和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


山口神社

山口神社 やまぐちじんじゃ

  • 辻 益廣
  • 〒649-6305
    和歌山市谷377番地
  • 073-464-5028
  • (主祭神)伊久津比売命 (配祀神)国常立命 国狭槌命 惶根命 大己貴命 伊弉册命 正哉吾勝勝速日天忍穂耳命 天津彦彦火瓊々杵命 弥照命

春日神社 八幡神社 布部之魂神社

10月17日

本殿(木造銅板葺流造 45,4屐 拝殿(木造銅板葺切妻造 5,4屐 春日社本殿(木造銅板葺流造 18屐 春日社拝殿(木造銅板葺切妻造 5,4屐 神饌所(木造瓦葺切妻造 13屐 廳殿(木造瓦葺入母屋造 86,6屐 社務所(木造瓦葺入母屋造 72屐 一ノ鳥居(石造) 二ノ鳥居(石造)

9,794

和歌山市(山口西・別所・落合・藤田・ 上黒谷・谷・湯屋谷・滝畑・平岡・里・中筋日延)

古くは日吉・春日神社といわれたが、明治42年、中山王子社・山口王子社・白鳥神社をはじめ、山口村各地の神社を合祀したのを機に、山口神社と改称した。
昔から当神社の祭神と伝えられている伊久津比売命は、いかなる女神か、またどの神の配偶神か明らかでないが、古くから安産の神として信仰されていた。
当社の創建は詳らかでないが、延暦年中、桓武天皇が紀州玉津嶋に行幸されるに先立ち、征夷大将軍坂上田村麻呂を摂津・和泉・紀伊の三国に遣わし、所々に行宮を造らせて準備させたというが、そのとき建てられたという伝承がある。
また田村麻呂の墓という将軍塚や、田村麻呂の五世坂上五郎の居城跡と言われているところもすぐ近くにあり、長く坂上一族が当神社の祭礼の中心であったようである。
また田村麻呂がやって来た時、その送迎にあたった者が十番頭人として神社の祭礼に重要な地位を占めて、代々引き継がれ、江戸時代まで続いたという。
いずれにしても当神社は平安朝初期には創建されていたようで、平城天皇が熊野行幸の時勅使を立てて神殿を拡大したとの伝承もある。
また『紀伊続風土記』によると、「延喜式神名帳名草郡に伊久比賣神社あり又本國神名帳従四位上伊久比賣神あり」とし、この「伊久比賣神」は当神社の「伊久津比売命」でなかろうかと記している。
平安時代後期から鎌倉時代にかけて、上皇や女院の熊野参詣が盛んとなり、その街道にいわゆる九十九王子社が各地に建てられた。
当神社は王子社ではないが、熊野街道沿いにあり、上皇や女院もしばしば立ち寄ったと伝えられている。
豊臣秀吉が天正13(1585)年紀州攻めを行ったとき、根来寺などとともに当神社も兵火にあい、神殿はもとより宝物や古記録のほとんど全てを焼失した。
その後、紀州国主となった羽柴秀長(秀吉の異父弟)によって再興され、さらにこの地は和歌山城の艮(鬼門)にあたるとして、紀州の大名となった浅野氏や徳川氏の援助を受け、江戸時代初期には近辺にない立派な神殿が再建された。
昔は祭礼には神輿や騎馬渡も盛大に行われたと伝えられるが、いつの頃からか廃絶され現在に至っている。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.