和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


八幡神社

八幡神社 はちまんじんじゃ

  • 星田 真吾
  • 〒640-8402
    和歌山市野崎257番地
  • 073-422-2086(多賀神社)
  • 品陀別命

朝比奈大神 延命地蔵 八大龍王

3月13日 7月23日 10月15日

楠の木(2本 樹齢300年) 銀杏(1本 樹齢300年) 柏槇(1本 樹齢300年 和歌山市文化財) 手洗(2屐

本殿(木造銅板葺 10屐 神饌所(木造瓦葺 25屐 公会堂(木造瓦葺 58屐 鳥居(1基) 狛犬(1対) 灯篭(1対)

730

和歌山市野崎地区

創建は貞享2(1685)年11月。
明治時代、境内内に牛神社、稲荷社を併祀していた。
『十五ヶ村誌』に、「八幡、所在村にあり、牛神社南北破瀬折にあり」と記載されている。
社殿には御神霊(御幣次銅5段 神鈴12個 御丈10僉傍擇啗羶尖次弊蕁弘啣Ц翹槎漫\仔疎聖匕羣遏ー迷瞭8怯λ作記載の文書あり)外に菩薩像(6僂龍眦1体)、また設立年銘記の金幣(貞享2年 1685年)祭祀している。
文化5(1808)年大破した社殿を藤原慶泉、崎本伝右衛門が再建したと伝えられている。
灯篭に寛政元(1789)年奉納北口氏、手洗には文化五(1808)年辰八月奉納不祥が残っている。
大鳥居は宝暦四(1754)年甲太歳九月十五日とあるが破損が激しく危険の為、昭和60年3月撤去し、現存の新鳥居を建立した。
明治42年県知事令により神社合祀が進められ、当時の氏子は10軒程であり市小路伊久比売神社へ御神躰を移す。
しかし、神社の建物はそのまま保存していた事や梶取地区の合祀拒否の報せなどがあり、翌明治43年4月25日再び元に戻った。
爾来野崎八幡神社として野崎地区氏神とし鎮座し今日に至っている。
昭和10年代に入り、氏子数85軒、320人と人口も増加して行った。
昭和30年代、高度経済成長期に入り、飛躍的に増加、分譲住宅、賃貸住宅、マンションと殆どの農地は市街化地域となった。
現在は戸数1,000戸、人口3,000人を見るに至る。
境内に摂社として朝比奈大神をお祭りしているが、これは昭和12年3月、氏子和田正次郎氏宅より移転したものである。
また神仏混合、土着信仰のなごりで、延命地蔵、八大龍王をお祭りしているが建立年代、詳細については定かでない。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.