和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


内原神社

内原神社 うちはらじんじゃ

  • 小坂 忠義
  • 〒641-0013
    和歌山市内原1437番地
  • 073-445-2572
  • (主祭神)大国主命 名草彦命 名草姫命 (配祀神)月讀命 八大龍王大神 菅原道真公 少彦名命 日前大神 蛭子命 須佐之男命 市杵嶋姫命

天満神社 戎神社 牛頭天王神社 里神社 藤原神社 春日神社 妙見社 祖霊碑

(4月18日 7月23日) 10月23日

本殿(3宇 木造檜皮葺流造 3,3屐 境内社(2宇 木造瓦葺寄せ棟造 9,9屐 幣殿(木造瓦葺寄せ棟造 13,2屐 拝殿(木造瓦葺切妻破風造 33屐 神楽殿(木造瓦葺切妻造 9,57屐 御供所(木造切妻造 6,6屐 社務所(木造切妻造 49,5屐 神輿庫(木造切妻造 13,2屐

1,320

和歌山市内原 紀三井寺の一部

当神社は、名草彦命、名草姫命を斎き祀り、永仁3(1295)年に八大龍王大神を国造家よりご勧請、以後3柱命を奉斎した、享保10(1725)年8月八大龍王大神を大国主命と改められる。
大国主命は天孫隆臨以前、わが国土ご開発管掌し給うた尊い大神、別名大地主の神又八千矛の神とも申す、永く紀伊の国に止まり給いご経倫あらせられた。
名草彦命、名草姫命のご両神は、天の道根命より五世の神で、紀の国造であった。
天の道根命は天祖神皇産霊神の後裔で、神武天皇の御代紀の国造に補せられ、世に名草の地に居を定められ、日前宮を奉斎し国内を治め給う。
又この両神を中言大明神とも申す。
中言は即ち中言、神、君と人民との中間にあって事えられたので称えたもの、明治40年末社8社を境内に斉祀する。
昭和19年12月7日村社3神社を内原神社と改称され現在に至る。
末社、日前宮、天神社、淡島社、辯財天社、牛頭天王社、春日社、恵比須社、妙見社、以上の内、日前宮、天神社、淡島社の3社は、名草山麓北山に鎮座していたのを台風被害のため現在境内の御殿に奉祀している。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.