和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


日吉神社

日吉神社 ひよしじんじゃ

  • 小西 正起
  • 649-0161
    海南市下津町小畑1052番地
  • 073-492-0804
  • (主祭神)大己貴命 (配祀神)須佐男命 三輪明神 塡山姫命 迦具土神

秋葉神社 辨天神社 白倉神社 妙見神社 祇園神社 三輪神社 牛神社 道祖神社 楠神社

10月14日

棟札 鏡(銅質製)

本殿(木造銅瓦葺流造 7,5屐 式殿(木造瓦葺入母屋造 20屐 拝殿(木造瓦葺入母屋造 12屐 境内社(木造瓦葺入母屋造 18屐 社務所(木造瓦葺入母屋造 96屐 一ノ鳥居(石造八幡鳥居) 神馬(唐銅製)

1,229

下津町大字小畑

大字小畑は加茂川の支流、宮川上流に位置し、宮川の谷にあって段々畑のほか広い畑がないことから小畑の地名が生まれたと云う。
当神社は後奈良天皇の弘治年間の鎮座と伝えられるも古文書記録等散失して其の由緒年月不詳、弘治年中(1555―1558)年近江国坂本の地日吉大社より勧請したともいわれ、社蔵の棟札に慶長5(1600)年と延宝4(1676)年の棟札があり「導師長保寺恵光院良海」と記されている。
この森に宮居を営み、奉仕した有力者たちで宮座株をもち、今も、その遠い子孫が宮座として、神社に奉仕している。
南は有田郡との郡境をなす長峰山脈で、東南端の郡境に、白倉山(454.8m)がある。
熊野街道はこの山の西側中腹をたどる。
『続風土記』によると頂上には高さ3丈、幅60間の大岩あり、白倉明神を祀る森がある。
土地の者は魔所と恐れて近づかない。
また『紀伊名所図会』に「此所にて時々怪奇の事あるを以て俗に天狗の休岩に唱えて椎蘇の徒も申時を過ぐれは相戒めて近づかず」とある。
白倉明神は氏子内の小社とともに、明治43(1910)年日神社に合祀されている。
(社叢)
原始林にして、神叢無比。
(例祭)
氏子による卓球大会、ビンゴゲーム等が開かれている。
(夏祭)
氏子の作品展示会、陶芸、水彩画又氏子の子供等の作品、婦人会の作品が展示される。
金魚すくい、ビンゴゲームも開かれている。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.