和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


勝神神社

勝神神社 かつかみじんじゃ

  • 杉原 清貴
  • 〒649-6564
    紀の川市勝神325番地
  • 0736-73-5831
  • 天忍穂耳命 神功皇后 仲哀天皇 楠正成

八幡神社 経津主神社 蛭子神社 八坂神社 若日姫神社

10月17日

本殿(木造銅板葺八幡造) 神庫(木造瓦葺平屋造)

852

紀の川市勝神

当神社の代々の神職家の再度の火災により文書等一切を焼失、詳しい事は判明しないが『紀伊続風土記』に、次の様に記されている。
「勝神大明神社、境内除地、末社三社、天照大神宮、牛頭天王社、衣美須社、本国神名帳那賀郡正三位正哉吾勝々速日天忍穂耳大神上勝神村にあり、按するに正哉吾勝々速日天忍穂耳大神御名長きを以て古語拾遺に畧して、これを称えて吾勝ノ尊と書せり然ればここに又吾を略して勝神と称へ、古くより舊く呼来たりし唱えなれば、これを取りて村名ともし山の名にも呼び来れるなり、後世勝神四社明神の称へありて祀神四座なるべしという、然れば、後世合せ祀りし神ありしならむ然れども其合祀りし神名詳ならず此社地に末社三社あれば本社と末社三社とを合わせて、四社明神と称へしを後に誤りて本社四座なりといい出せるも知るべからず、何れにも、今四座の神名なきときは古に復して本社は、唯一座となすを正とすべし…」とある。
当社は、明治初年頃には村社として郡役所との間に、文書の往復があったが、何時頃か無格社となってしまった。
大正3年字垣内鎮座の無格社八幡神社を合祀し同5年3月勝神神社と社名を変更した。
宮座一座あるが、現在は講様式の運営を行い、年間4名の氏子が宮守をつとめている。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.