和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


岸本神社

岸本神社 きしもとじんじゃ

  • 中山 淑文
  • 〒649-6531
    紀の川市粉河4660番地
  • 0736-73-2415
  • 天忍穂耳命 丹生津比売命 闇淤加美神 市杵島姫命

祇園神社 琴平神社 稲荷神社

10月11日

本殿(木造銅板葺春日造 4,95屐 神門(木造銅板葺切妻造 3,3屐 拝殿(木造銅板入母屋造 36,3屐 鳥居(石造明神鳥居)

6、345,9屐ゞ内地 4,260.3屐ゞ内山林 1,174.8屐“地境内地他 910.8

紀の川市粉河の中(中町・橋詰町・中之才・上之段・新町・東町・鍛治町)

創立年月日は不詳なれど、往古より八王子権現と称し、粉河寺創立主の大伴孔子古命(粉河産土神社祭神)の孫大伴廣主が、祖父孔子古を岸森明神と崇敬す、と言う事を見れば大伴氏の氏神として千余年の昔より鎮座祭祀されて来たもので、古く延暦年間と推定される。
尚、『紀伊続風土記』那賀郡粉河荘粉河村岸本大明神社として次の様に記されている。
「岸本大明神神社、境内周二町許 村の東の方にあり祀神八王子といふ 村中中町裏町鍛治町小名中の齋の産 土神なり、神主 三宅志摩」
(社叢)
境内地に続く森林は急傾斜地であるが、森厳さが保たれている。
(例祭)
例祭には氏子及崇敬者が多数参拝し、投餅行事を行う。
(神社の現況)
本殿建立の位置は急傾斜地であり、一度山崩れのため、甚大な被害を受けたが、大補修を施し、元の處に安置されたのが、現本社であるが、やはり危険状況と言へる。
但し氏子による維持管理が行届いているため怱ちの危険はない。
拝殿は近年新しく造營したもので立派に造られている。
境内地全体の整備も良好で、本街道より少し入っているので返って、神社の尊厳さを保っている。
又、近年拝殿より少し離れてゲートボール場を設置したため、氏子住民の老人等が喜々として毎日の如くゲームを楽しみ、又神社の清掃奉仕にいそしんでいる。
平成20年に正遷宮を行う。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.