和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


蛭子神社(慶賀野)

蛭子神社(慶賀野) えびすじんじゃ

  • 鈴木 千鶴子
  • 〒648-0093
    橋本市慶賀野143番地
  • 0736-36-3034
  • 事代主命

山王権現社 伊勢神宮 春日神宮 八幡神社

1月10日

本殿(木造銅板葺春日造 5屐 拝殿(木造瓦葺切妻造 39屐 手水舎(木造銅板葺 3,3屐 鳥居(石造明神鳥居)

宅地175屐ゞ内山林502屐“地山林211

橋本市慶賀野

当神社は、事代主命を主祭神とした、いわゆる「えべっさん」の愛称で、一村の産土神として、村人に崇敬されている。
神社の創立時期については不詳であるが、資料として「永享六(1434)年奉造営蛭兒大明神玉置丹治重政」の棟札と、「宝永三(1706)年五月吉祥日奉納蛭兒大神宮御厨子造紀州伊都郡相賀荘内谷内慶賀野村左大臣奥石二十七世孫北村氏重」の奉納札が残っている。
神社の鎮座する地は、延暦15(796)年に開かれた、紀伊見峠を越す南海道(高野街道)沿いにあるが、当時のことは全く不明で、ようやく南北朝時代の天授3(1377)年8月の古文書に「慶賀野村」の名称が表れて来る。
「慶賀野」の字句からみて、何らかの戦勝の祝と関係があると伝承されている。
丁度、神社の東南400mに在る小高い山(標高300m)は、通称「城山」と呼ばれる「長藪城址」で、平安時代に坂上田村麻呂が砦を築き、その後、平將門九代の子孫平政房がこの砦にこもったと云う説と、嘉暦2(1327)年土屋義方五郎左衛門掃門丸が築城したとの説があるところからみて、これらの武将が、戦勝の祝をしたのであろうと思われる。
また、築城の時期、村名の表れた頃、更に現存する資料等から推測するに、神社創立は、1400年前後と考えられる。
(例祭)
1月1日(元旦祭)1月9日・10日、10月第2日曜日(秋まつり)に氏子が参列して神事が行なわれる。
特に1月9日・10日の両日は、宵えびす、本えびすで、新年の吉兆を授かろうと、氏子はもとより、近郷の参拝客で賑わっている。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.