和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


丹生神社

丹生神社 にうじんじゃ

  • 寺本 嘉幸
  • 〒648-0402
    伊都郡高野町東富貴200番地
  • 0736-32-0188
  • (主祭神)丹生都比売神 (配祀神)仲哀天皇 蛭子命

衣比須神社 地主八幡神社

名迫明神(東富貴鎮座)

10月11日(10月第2日曜日)

本殿(木造銅板葺春日造 13,2屐 式殿(木造銅板葺流れ造 7,4屐 拝殿(木造ストレート葺切妻造 9,9屐 社務所(木造銅板葺入母屋造 39,6屐 神輿庫(木造銅板葺切妻造 9,9屐 一ノ鳥居(木造両部鳥居) 二ノ鳥居(木造靖国鳥居)

8,891屐ゞ内地飛地805屐)榲臓66

高野町東富貴

文明10(1478)年の創建といわれ、かつらぎ町の丹生都比売神社の『丹生大明神告門』には、伊都郡奄大村に降臨せられた丹生都比売神が、その後紀伊・大和を遷幸されたとあり、このうち宇智郡布々支丹生に忌杖刺給ふとあるがこの地のことで、ここに同神を観請したと伝承されている。
また、『紀伊続風土記』には、東富貴村の氏神として丹生四社明神社(現丹生神社)をあげ、境内周りが6町ほどで、本社(方8尺)、地主八幡宮(方4尺5寸)、舞台、拝殿、神輿舎があると記している。
明治6年4月村社となる。
平成6年10月遷宮で、本殿の修理、社務所の建替えほか参道の整備、石橙篭20基を建てた。
なお、本殿前の石段に宝暦5(1755)年石燈篭には、明和7(1770)年の銘がある。
(例祭)
祭礼には、御輿が西の丹生神社まで渡御し、東西丹生神の御輿が町内を練り、名迫明神、滝明神まで渡御を行う。
お渡りにさき立って、その年生まれた男の子を親戚の女の人が背負い、盛装した母親と、親戚の少年が幣をかついで宮詣りする。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.