和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


須佐神社

須佐神社 すさじんじゃ

  • 小賀 崇弘
  • 649-0313
    有田市千田1641番地
  • 0737-83-0195      0737-83-0245
  • 素戔嗚尊

皇大神宮社 伊弉諾社 稲荷社 五ケ庄社 住吉社 厳島社 神光谷社 伊太祁曾遥拝所 湊川社 南龍社 金比羅社 子安社

10月14日

粥占神事(1月15日) 夏祓(6月毎日曜日) 鯛投げ神事(10月14日)

太刀〈銘 因州住景長 附 糸巻太刀拵 長さ68・2僉“燭1・8僉聞饂慊蟒斗彿顕什癲Φ豺駟)・八代将軍吉宗奉納 刀身(室町時代)は、山城国の粟田口吉正の弟子で、因幡小鍛冶とよばれた景長の作 細身、小板目、細直刃の作風に、山城伝の特徴がよくあらわれている・拵(江戸時代)は縹糸巻で金具は赤銅色絵割菱紋、鞘は蒔絵の割菱紋をあしらっている 紀州藩祖頼宣公の没後50周年にあたる享保6年奉納、この時紀州八社の神社に太刀が奉納されたが当神社の物は、当時の藩主の奉納の太刀と共に刀身、拵、二重箱、目録、趣意書等奉納された品が揃って残されている〉 太刀〈銘 因州住景真 附 糸巻太刀拵 長さ63・6僉併垰慊衒顕什癲傍州六代藩主宗直奉納 刀身(室町時代)は、景長の流れを汲む因幡国景真の作で、細身、小板目、細直刃の作風に、山城伝の特徴がよくあらわれている・拵(江戸時代)は、柄・鞘ともに紫糸巻きで、金具は赤銅色絵葵菱紋、蒔絵の鞘に金貝と沃懸の葵紋を交互に置いている〉

須佐神社本殿(市指定文化財・江戸時代初期に建築され、いく度かの改修を経て現在にいたる かつては桧皮葺であったが、現在は銅板葺屋根となっている) 千田祭(市指定文化財)

本殿(銅板葺 39,6屐 祝詞殿(銅板葺 39,6屐 拝殿(銅板葺 16,5屐 鈴門(瓦葺 8,2屐 釜殿(瓦葺 10屐 神楽殿(瓦葺 20屐 社務所(瓦葺 100屐 神馬舎(瓦葺 6,6屐 絵馬堂(瓦葺 46屐 手水舎(瓦葺 8,2屐 儀式殿(瓦葺 70屐 一ノ鳥居 二ノ鳥居 三ノ鳥居

境内山林共 72,734

有田市(保田地域・高田・千田・野井・佐山・辻堂・星尾・山田原・下中島)

古事記、日本書紀において、日本列島に樹木の種を播き、紀伊國に坐す大神と称され、大国主命が黄泉の国に坐す素戔嗚尊の元に赴くにあたって訪ねたとされる五十猛神(大屋毘古神)を御祭神とする伊太祁曾神社の親神として和銅6年10月に大和国吉野郡西川峯(現在の奈良県吉野郡吉野山)より勧請されたのが当社の始まりであると伝えられている。
当初、御社は当神社山上に西面して創建されていたが、海上往来の船舶等が、崇敬の至誠を捧げなければ、事故が多く発生したため、元明天皇の勅命により現在の地に遷座したといわれている。
従って古来海の守護神として、また御祭神の勇猛な性質から剣難除(災難除)の神として朝廷をはじめ武家や一般の人々の尊崇が篤く、江戸時代には藩主紀州徳川家の累代崇敬社として崇められ、社殿の造営修復等は藩費にて賄われていた。
延喜式神名帳においては、名神祭、月次祭、新嘗祭の官幣に預り、三代実録清和天皇貞観元年正月の条において従五位下から従五位上に叙せられ、木國神名帳には従一位と記されている。
元明天皇、後醍醐天皇の勅願所であり、建武2年須佐大神宮の震筆勅額及び兵杖4本を賜ったが、天正の兵火で焼失した。
又建武2年5月に楠木正成より保田一円を寄進され、浅野家領国の際には祈願所として田14町3反を献納されている。
(例祭)
和歌山県下では「千田の喧嘩祭」とも言われ、氏子を始め多くの参拝者で賑う。
中でも「大御輿渡御」「鯛投げ神事」は、喧嘩祭の異名の通り、勇壮であり見物の人々で湧きかえる。
又、各地区の組太鼓奉納(現在8基)、子供御輿渡稚児行列、餅投げ等も祭の賑いをましている。
古くは伊太祁曾神社より神馬12騎がきて神事を務めたとあり、現在は其々の例大祭に総代が参列している。
(鯛投げ神事)
神前にお供えした鯛の内、2尺程の3懸(6尾)を高田浜での祭典終了後(およそ4時)男子神輿の担ぎ手の内から各地区1人ずつ櫓の上より投げ、それを奪い合う神事である。
千田の喧嘩祭の名はこの神事に由来し、今でも殴り合いによる怪我人が絶えない。
(粥占)
拝殿南前の釜殿にて小豆粥を竹筒を入れて炊き、その中に入った米や小豆の量で10種の作物の豊作凶作占い、小豆粥を戴く事で1年の無病息災を祈願する。
占の種類、米の早生、中生、晩生、蜜柑の早生、中生、晩生、雑柑、大小豆、野菜。
(夏祓)
氏子各地区ごとに参拝し、榊、「疫神齋」の札、剣先札、洗米、ススキで編んだ注連縄を受ける。

写真情報

須佐神社 すさじんじゃ 須佐神社 すさじんじゃ 須佐神社 すさじんじゃ 須佐神社 すさじんじゃ 須佐神社 すさじんじゃ
夏祭宵宮 輪越 大漁祭 春祭 節分祭

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.