和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


津木八幡神社

津木八幡神社 つぎはちまんじんじゃ

  • 佐々木 公平
  • 〒643-0054
    有田郡広川町大字前田字宮ノ前315番地
  • 0737-62-2371   0737-67-2258
  • (主祭神)應神天皇 神功皇后 他 (配祀神)大物主命 通々芸命 早玉男命 猿田彦神 他

大物主神社 通々芸神社 早玉男神社 若宮神社 平和神社

10月2日

獅子頭(1面) 鰐口(1面) 鬼面(1面)

本殿(木造銅板葺 9,9屐 幣殿(木造 13,2屐 拝殿(木造 19,8屐 境内神社(本殿の両側にある大物主神社・通々芸神社・早玉男神社・若宮神社 木造 計4,29屐‖召吠刃多声辧 社務所(鉄骨 46屐 神輿庫(木造 11,9屐

4,351.9

広川町大字〔前田・井関・河瀬・下津木(猿川・寺杣・滝原)〕

津木八幡神社は本山(本座)八幡とも言われ、その創建は欽明天皇の頃と伝えられている。
記録として棟札(写し)の一番古いものに、鎌倉時代嘉元2(1304)年のものがある。
「本社八幡宮棟上願主散位藤原朝臣嘉元二年甲辰三月九日大工津守為清 敬白」
嘉元2年は、鎌倉末期で社殿の上棟が行われた。
その後室町中期文明7(1475)年室町末期天文10(1541)年の棟札(写し)もある神社である。
明治6年に村社となり、明治42年に46社を含祀した。
現在、老賀八幡神社・岩渕の妙見三輪神社などは、それぞれの旧地にもどって祀られている。
平和神社は、昭和25年1月に創建され、毎年春と秋に、明治以来世界大戦で戦死された方の英霊祭を執り行っている。
また、特殊神事として、虫祈・神楽・田楽舞・武者行列などが行われていたと伝えている。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.