和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


志賀王子神社

志賀王子神社 しがおうじじんじゃ

  • 大森 伸也
  • 〒649-1221
    日高郡日高町大字志賀字宮脇901
  • 0738-22-4563
  • (主祭神)天照大神 (配祀神)迦具土神 豊玉彦神 松ノ下神 火産霊神 皇大神里神 右大臣神 菅原道真公 上柏神 市杵島姫神 妙見神 大物主神 崇徳上皇

八幡神社 春日神社

10月17日

扁額(若一大権現)

本殿(木造流造銅板葺 19,8屐 拝殿(木造寄棟造瓦葺 34,7屐 神饌所(木造切妻造瓦葺 13,2屐 祭器庫(木造切妻造瓦葺 13,3屐 神輿庫(木造切妻造瓦葺 19,8屐 鳥居(石造明神造 3基) 社務所(木造寄棟造瓦葺 85,8屐

7,755屐31,185

当神社は、古墳の上に建立されている。
正面石階の下にその事が書かれている。
日高郡文化財・史跡、志賀古墳跡、形態・横穴式石室墳、時代・古墳時代、出土品・須恵器・杯片・高杯片・刀剣類・手斧3ヶ(日高町教育委員会)。
志賀王子神社の社殿の下に、横穴式石室古墳がある。
社殿造営の折破壊されたと考えられるが、昭和16年の本殿改築の際上記のものが出土した。
当神社の詳細は不明であるが、社歴は相当に古いものと思われる。
又出土した祭器及び海路熊野参拝の人々が比井港より熊野へ向かう途中の王子社の一つで神名、祭神からも熊野の遙拝社であろう。
『南紀神社録』に「若一王子神社在下志賀村熊野旧記云若一王子社は天照大神也」とあり「続風土記」に「志賀荘中五ヶ村の氏神なり」「神主一人社家三人」と記されている、神主は志賀家代々世襲し、社人、3家は、仮家両家玉井家であった『日高郡誌』。
神主の志賀家は「天正年間湯川直春の弟某来りて當村の志賀家の養嗣子となり、其の末裔祖伝之、十四代左京に至る、明治初年左京没後一家落魄し、政治郎幼なりしを以って古書旧記の類は散逸せり…」と『日高郡誌』に記されている。
明治40年7月1日、次の15社を合祀。
秋葉神社・志賀村字別当谷に鎮座。
大将軍社・同字山城に鎮座。
氏神社・同字大谷に鎮座。
天神社・同字天満に鎮座。
龍王社・同字稲葉谷鎮座。
上柏社・同字早津川口鎮座、『続風土記』に云ふ「中志賀村西山根にあり、祀神詳ならず、或はいふ下志賀村王子権現勸請の時柏村よりここに移す、因りて上り柏の名ありといふ」と。
松下社・同字赤阪にあり、『続風土記』に云ふ「中志賀村の中にあり、松下御前といふ」と。
辨財天社・同・字岩ノ硲にあり。
右大臣社・同字岩ノ硲にあり、『続風土記』に云ふ「中志賀村南山手にあり、土人おゝんだいしといふ文字或御大臣と書く近代又右大臣と称す何れかこれを知らず長床あり」と。
里神社・同字里神にあり。
金比刀羅社・同字大原にあり。
妙顯社・同字石尾にあり(石尾神社、後に元に遷座)。
八幡神社・同字石尾にあり。
沙雙神社・同字神田にあり(後に元に遷座)。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.