和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


眞妻神社(松原)

眞妻神社(松原) まづまじんじゃ(まつばら)

  • 古久保 明孝
  • 〒644-0218
    日高郡印南町松原158番地
  • 0739-78-0010
  • (主祭神)丹生津叱売命  (配祀神)誉田別命 金山彦命  天児屋根命 伊邪岐那命  大日霊女命 春日神 皇太神  倭武命 妙見神 国常立命  柿本人磨公 衣通姫 コソノ神  住吉神 菅原道真公 長谷神  熊野大神 表筒男命

若宮八幡神社(誉田別命) 天皇神社(神武天皇) 住吉神社(三筒男命)

10月第2土曜日

本殿(木造銅瓦葺流造 6屐 拝殿(木造瓦葺唐破風造 9屐 社務所(木造瓦葺唐破風造 56屐 長床(木造瓦葺唐破風造 36屐 一ノ鳥居(コンクリート磨止造明神鳥居)

2,667屐ゞ内山林3,431屐“地境内地644

印南町(大字美里小字脇之谷・大字美里小字見影・大字松原・大字丹生・大字崎ノ原・大字皆瀬川・大字西神ノ川・大字小原の一部)

『丹生大明神告門』に「日高郡江川丹生爾忌杖刺給比て」とあり、応神天皇(343―385)の御代に、日高富士と呼ばれる真妻山に天降ったと伝えられる。
そこに社をかまえ、神主12人が奉仕していた。
『紀伊続風土記』に、当社は村の端真妻山の尾続にあり、脇之谷・松原・丹生・崎ノ原・皆瀬川・下津川・神野川・見影8箇村の産土神なり、相伝ふ當社明神、往古伊勢の丹生より鳶に乘りて真妻峯に影向ありしを、峯に崇め祭る故に氏下のもの鳶を取る事をせずと、鳶は当社大神の御使いとされており、社にも鳶の彫刻が多い。
真妻山の山頂から松原の神田(800年代)に輿を進め、そこから現代の地に鎮座した。
「永正九(1512)年丹生山久米寺律師法眠重譽」の祝文に「日高郡切目庄大山郷取分松原村年間崇敬真妻大明神申奉御神」とあるとおり、その当時からの信仰がしのばれる。
丹生山久米寺は、真妻神社の神宮寺であったが、江戸初期に廃寺になり、本尊の地蔵尊は来迎寺に移され現存しているが、室町時代の依風を強く残している。
また「建暦二(1202)年源空」の古文書が残っている所から、この神宮寺は法然上人の浄土宗であったことがわかる。
しかし、古くは真言宗なりという。
明治6年4月、村社に格づけされた。
明治10年から41年の間に下記神社を合祀。
和歌三神社(元切目川村大字見影字森脇鎮座)。
真妻神社(前記和歌三神社の境内神社)。
大神社(前記和歌三神社の境内神社)。
熱田神社(元切目川村脇之谷鎮座)。
大神社(前記熱田神社の境内神社)。
長谷神社(前記熱田神社の境内神社)。
猪谷神社(前記熱田神社の境内神社)。
コソノ神社(前記熱田神社の境内神社)。
真妻神社(大字丹生字宮向鎮座)。
大神社(大字崎ノ原字軍道鎮座)。
井氏神社(前記大神社の境内神社)。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.