和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


盛長神社

盛長神社 もりながじんじゃ

  • 眞鍋 佳輝
  • 〒649-2211
    西牟婁郡白浜町534番地
  • 0739-43-0558
  • (主祭神)安達藤九郎盛長 (配祀神)大江広元

大江神社

5月5日

剣(1振)

本殿(見世棚造 2,5屐 社務所(入母屋造 33,1屐 鳥居(黒木鳥居) 手水舎(1,7屐

610.5

瀬戸一丁目・二丁目・三丁目・四丁目

社伝によると、往昔うつろ船に乗せられた遺骸が漂着し、これを里人が丁重に葬り、毎日お湯を供えていたある日、神託があり「我は右大将頼朝の重臣藤九郎盛長の霊なり、神として敬えば疫の悩みは守るべし」という。
厄病流行で苦しんでいた里人は社祠を造り、崇敬したところ霊験あらたかであったという。
文久2(1862)年の社寺書上帳によると、往昔四郎大夫宅の裏にあったという。
江戸時代は安達藤九郎盛長宮、明治元年に盛長神社と改称。
(例祭)
例祭式典、午前11時斎行。
式典終了後は奉納相撲が行われる。
氏子地域内の大人・子供はもとより、他の地域からも多くの参加があり、大人の部と子供の部にそれぞれ別れて相撲がとられる。
力士として参加している子供の親達も大勢集まり、熱戦につられ一挙一動に親の力む姿や、かけ声で終日賑う。
奉納相撲終了後は投餅があり、祭典は終る。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.