和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


熊野本宮大社

熊野本宮大社 くまのほんぐうたいしゃ

  • 九鬼 家隆
  • 〒647-1731
    田辺市本宮町本宮1110番地
  • 0735-42-0009
  • (主祭神)家津御子大神(素盞鳴尊) (配祀神)夫須美大神 速玉大神 天照皇大神 〈忍穂耳命 瓊々杵命 彦穂々出見命 鷀鸕草葺不合命 軻遇突智命 埴山姫命 弥都波能売命 稚産霊命(大斎原の石祠に合祀)〉

満山社

海神社・御戸開社・高倉下社・八咫烏社・滝姫社・大国主社・須勢理姫社・市杵島社・音無天神社(大斎原の石祠に合祀) 産田社(産田前) 祓戸天神社(下祓戸) 真名井社(口赤井谷) 月見岡神社(大日山)

4月15日

開寅祭(元旦) 八咫烏神事(1月7日) 御竃木神事(12月8日)

徳川頼宣寄進建仁御幸記(1巻) 徳川頼宣寄進御幸畧記(上下巻) 能面(27面) 丹渓硯(1面) 平清盛金泥経(1巻) 光明皇后金泥経(1巻) 刀剣(肥前国忠吉他9振) 圓金甲冑 他古文書類(1,500点)

御神像(4躯 国指定重要文化財) 御社殿(3棟 国指定重要文化財) 伝源頼朝寄進鉄湯釜(1口 国指定重要文化財) 絹本著色熊野本宮八葉曼荼羅(1幅 県指定文化財) 大日堂石仏(1躯 県指定文化財) 奉納鏡(16面 県指定文化財) 儀仗鉾(2振 県指定文化財) 擬宝珠(3個 県指定文化財) 若狭国主酒井忠直石硯(1面 県指定文化財) 豊臣秀頼寄進神額(1面 県指定文化財) 豊臣秀頼寄進銅鍍金釣燈籠(1対 県指定文化財) 豊臣秀頼寄進同寄進銅鍍金鉢(1口 県指定文化財) 文台(1基 県指定文化財) 硯箱(1合 県指定文化財) 八咫烏神事(県指定無形民俗文化財) 御竃木神事(県指定無形民俗文化財) 湯登神事(県指定無形民俗文化財)

本殿(木造檜皮葺熊野権現造 57,9屐 一・二殿(木造檜皮葺熊野権現造 204屐 四殿(木造檜皮葺熊野権現造 57,9屐 神門(木造檜皮葺 38,1屐 神饌所(木造銅板葺 47,3屐 社務所(木造瓦葺 159,7屐 授与所(木造銅板葺 80,1屐 宝物殿(木造銅板葺 124屐 拝殿(木造銅板葺権現造 140屐 斎館(木造瓦葺 186,6屐 瑞鳳殿(木造亜鉛メッキ銅板葺 996屐 大斎原大鳥居(鋼鉄製明神鳥居 33,9屐 表参道鳥居(木造明神鳥居) 裏参道鳥居(木造明神鳥居) 札ノ辻鳥居(木造明神鳥居)

38,577.22屐ゞ内山林92,759屐“地境内地35,849

田辺市本宮町

全国熊野神社の総本宮である熊野三山の一つ。
創祀は第十代崇神天皇の御代と伝えられている。
本宮は、紀伊半島を縦断する紀和果無山脈から流れ出る熊野川・音無川・岩田川の合流点の中州である大斎原に古より鎮座していた。
熊野は奈良時代から平安時代にかけて、仏教・密教・修験道の聖地になり、自然崇拝に根ざしていた熊野の神々は仏たちと習合していった。
平安時代後期になると、ますますその結び付きは強固となり、証誠殿に鎮まる家津御子大神は阿弥陀如来と同一視され、極楽往生を約束した。
平安時代末期から鎌倉時代にかけて熊野への信仰が急速に高まり、法皇・上皇の熊野三山に参拝する熊野御幸は100余度を数えた。
彼らが歩いた道が熊野九十九王子を祀る熊野参詣道である。
鎌倉時代になると、熊野御師や熊野先達・熊野比丘尼らによる布教活動によって、武士をはじめとする様々な階層の参拝が盛んになり、その範囲も全国に及び、この群れなす参拝者を称して「蟻の熊野詣」の語が生まれた。
鎌倉新仏教の一派時宗の開祖一遍は、熊野の神からの「信不信を選ばず、浄不浄を問わず布教せよ」との託宣を受けて悟りに至ったとされる。
江戸時代中期に現在みられる社殿が造築された。
しかし、明治時代の熊野川の大洪水によって、社殿の大部分が流失したため、12社のうち上4社を西の丘陵に遷座し、中4社・下4社の神々を大斎原の石祠に合祀した。
平成16年7月、熊野・吉野・高野の霊場及びこれを巡る参詣道は世界文化遺産に登録された。
(例祭)
年中行事多き中に4月13日、同15日を大祭とす。
社伝に一山本宮始め社家社人一統、湯峯にて潔斎神が降られた様を再現し五穀豊穣を願う、4月13日から15日にかけて行われる春祭。
13日午前、湯峯神事。
神職・楽人・稚児らが湯峯温泉で潔斎・斎食をした後、大日山を越えて湯峯王子社・月見岡神社と巡拝する行事。
夕刻、宮渡神事。
神職・稚児・付人・総代らが行列を組み、神歌を唄いながら本社大斎原真名井社と巡拝する行事。
15日午前、本殿祭。
午後から渡御祭。
「遷御祭」の後、神輿を中心に神職・修験者・舞巫女・稚児らが挑花を奉じ、真名井社での祭典を経て、大斎原にて大和舞・巫女舞・御田植神事などを奉納する中「斎庭神事」、続いて修験者による護摩焚きの後、本社にて「還御祭」。
なお、本殿祭を除く祭典の終盤において、楽人の笛や太鼓の演奏の中、総代の「あがりやそう」「さがりやそう」という掛け声と共に、稚児(2・3歳の男子)たちが左3回・右3回・左3回と廻る「八撥神事」が執り行われる。
これは4月13日に湯峯温泉で潔斎をした稚児に、熊野の神たちが宿った様子を表現したものといわれている。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.