和歌山県神社庁は「万葉集」にも詠われる和歌浦の地にあります。

和歌山県にある神社を総合的にご紹介【和歌山県神社庁】

和歌山県神社庁

和歌山県の総合神社紹介【和歌山県神社庁】

  1. ホーム

 


太田神社

太田神社 おおたじんじゃ

  • 井谷 正守
  • 〒649-5141
    東牟婁郡那智勝浦町大字市屋875番地
  • 0735-74-0470(木葉神社)
  • 橘諸兄 大日霊命

7月15日(15日の前の日曜日)

秋祭(10月30日の前の日曜日)

本殿(木造春日造銅板葺 6,6屐 拝殿(木造銅板葺 19,8屐 鳥居(石造 1基) 灯 篭(石造 4基) 社 標(石造 1基) 手洗所(木造瓦葺)

1,267

那智勝浦町市屋

当社は、元禄元(1693)年9月創建、文化13(1816)年9月11日再建の棟札がある。
明治6年4月、村社となる。
もと梅田神社と称したが、明治43年神社制度改正により次の神社を合祀し、太田神社と改称した。
大字下和田宮ノ本鎮座、村社諏訪神社
大字庄南地鎮座、村社大原神社
大字庄中山鎮座、無格社秋葉神社
大字庄西山鎮座、無格社神明神社
更に、明治44年2月16日に
大字中里字下地鎮座、村社和田神社
大字中里字向土鎮座、無格社八幡神社
大字中里字下地鎮座、無格社秋葉神社
を合祀した。
上記のうち、大字下和田宮ノ本鎮座、村社諏訪神社、及び大字庄南地鎮座、村社大原神社は、昭和29年1月18日に旧宮地に遷宮し、宗教法人法による神社となった。
また、毎年正月3日に行われるお弓祭りは、近くの田甫にお的を祀り、神酒・神饌をお供えして神拝行事の後、神職2矢を放って終了する。
この神事は、招福・衆災消除を目的とする神事であろうといい伝えられ、鬼と印した的を弓で射ることも「四方からくるおそれある悪魔を祓い退ける」という目的をもっていたであろう。
そして、弓子に選ばれた若者等が、川に跳びこんで身を清め、精進潔斎の生活を行ったのも、新たなる年の幸福を願って、謹慎の真心を表わし、村清めをしようとする強い信仰的意図の現れと思われる。

写真情報

和歌山県神社庁  /  〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10  /  電話 073-446-5611

copyright(c)2011 WAKAYAMAKENJINJACHO. All Rights Reserved.